住宅ローンの長期金利と新初10年物国債利回りとの関係

住宅ローンを組むときに、必ず選択しなければならないのが「変動金利」か「固定金利」です。
この二つはどちらの金利が安いのか?これをしっかり把握しておく必要があります。
現在、日本では不景気にともない低金利状態が続いています。
これは住宅ローンにも大きな影響を与えています。
固定金利は金利が上昇しても変わらないという安心感がありますが、今は変動金利の方が断然お得だといえます。
また今注目を集めている長期金利もその一つです。
新発10年物国債利回りが0.
48%と大幅に下落してしまったことも、住宅ローンの長期金利と大きな関係があります。
是非、このような経済の動きもしっかり把握しながら住宅ローンを検討してみてはいかがでしょうか。
まずは、気になる会社があればシュミレーションをして試算してみるとイメージしやすいでしょう。
住宅ローン借り換え比較